享保十五年 旧備前岡山藩営湯治場 小森温泉 岡山県加賀郡吉備中央町小森 池田光政の隠れ湯
施設の紹介 アクセス 泉質について フォトアルバム 観光地 特産品
 

小森温泉の湯元は、一羽の鷲がここで傷を癒し飛び去るのを見て発見されたと言い伝えられています。この湯元の近くの「経ブロ山」という丘に古くから薬師堂があることからも治病の霊泉として人々が集まる場所であったことが伺えます。
本格的な開発は、享保17年(1732年)岡山藩主の池田継政が湯治場の設営に着手するまでさかのぼり、古文書によると、この工事は、享保18年(1733年)まで岡山藩直営の大普請として、莫大な費用と延べ一万の人夫を注ぎ込み、広さ約3アールの土地を掘って四方を四段の石垣で囲み、中央に縦約4.5m、横約5.4m、深さ約1.5mの湯壺とその外に直径約1.5mの湯壺2個を置いた湯屋を設営したとあります。
当時は領内唯一の湯治場として賑わいをみせていたようであるが、湯元に清水が混入し、温度が低くなったことから、数年を経たずしてさびれていったようです。現在ではその湯屋はありませんが、強固な石垣が当時の面影を残しています。
戦後、地元民により温泉復興運動が興り昭和28〜29年(1953年〜1954年)にかけて、湯元のボウリング調査を行った結果、再び良質多量の温泉の湧出を見るに至り、池田隆政・厚子夫妻の出席の元、小森温泉復興開発記念式を行い、池田家のゆかりの「いで湯」として再興されました。
現在の湯元の湯は、旅館等で利用されており、泉質は「単純温泉緩和低張性微温泉」です。

施設の紹介
入浴料 ◯大人600円、◯小人450円 ※約一時間/税込み
 入浴時間 ◯平 日11:00〜17:00(日により変更有り) 
◯祝・日11:00〜18:00
休  憩 ◯2時間コース11:00〜15:00 料金2,600円〜(ミニ会席・入浴料込み/要予約)
◯1室貸切11:00〜15:00 電話予約のこと7,000円〜(2名様より)
宿  泊 ◯1泊2食付 予約要 9,500円〜11,500円
休  日 ◯月3〜5回 不定休

写真をクリックすると大きいサイズでご覧戴けます。(スライドショー機能付)

↑このページのトップへ
アクセス
交通機関 ◯岡山駅から中鉄バス(小森温泉行き)
◯岡山道岡山総社ICから国道180号・429号経由25km
◯JR津山線福渡駅からタクシーで30分

大きな地図で見る

↑このページのトップへ
泉質について
泉 質 ◯アルカリ性単純温泉(緩和性アルカリ性微温泉)
小森温泉湯元
効 能 ◯リウマチ、骨及び関節などの運動器障害、外傷性障害の後療法、筋肉痛、神経痛、疲労回復、アトピー性皮膚炎
泉 温 ◯28.1℃
ph ◯9.4
湧出量 ◯---L/min
知覚的試験 ◯無色透明、殆ど無臭
ラドン ◯18.6×10-10キュリー
密 度 ◯--g/cm3(20℃/4℃)
蒸発残留物 ◯0.20mg
溶存物質総計 ◯g/Kg
分析年月日 ◯平成9年9月2日

陽イオン (mg)
ナトリウムイオン 72.5
カリウムイオン 0.7
カルシウムイオン 0.8
陽イオン合計 74.0
陰イオン (mg)
フッ素イオン 14.9
塩素イオン 31.2
硫酸イオン 6.0
炭酸水素イオン 62.8
炭酸イオン 5.7
水酸イオン 0.3
水硫イオン 0.3
メタホウ酸イオン 9.5
陰イオン合計 130.7
非解離成分 (mg)
メタケイ酸 16.0
メタホウ酸 0.0
非解離成分合計 16.0
溶存ガス成分 (mg)
遊離二酸化炭素 0.0
遊離硫化水素 0.0
溶存ガス成分合計 0.0

※ご利用のお客様に限り無料でお湯のお持ち帰りができます。

↑このページのトップへ
フォトアルバム
写真をクリックすると大きいサイズでご覧戴けます。(スライドショー機能付)

↑このページのトップへ
観光地
加茂大祭(お祭り会館) 宇甘渓
加茂大祭(お祭り会館) 宇甘渓
三休公園(車で20分) まきばの館(車で35分)
三休公園(車で20分) まきばの館(車で35分)
岩倉公園 円城 ふるさと村
岩倉公園 円城 ふるさと村
片山邸 KOA岡山中央チロリン村
片山邸 KOA岡山中央チロリン村

↑このページのトップへ
特産品
ブラウンスイス乳製品(アイスクリーム プリン 牛乳 ヨ−グルアイス) 道の駅円城(車で5分)
ブラウンスイス乳製品(アイスクリーム プリン 牛乳 ヨ−グルアイス) 道の駅円城(車で5分)
本格熟成!加茂川キムチ おかやま地どり鍋セット
本格熟成!加茂川キムチ おかやま地どり鍋セット
円城白菜(甘みが強く鍋物に最高です) 地元産新鮮野菜
円城白菜(甘みが強く鍋物に最高です) 地元産新鮮野菜

Copyright(C) 小森温泉 All Right Reserved

inserted by FC2 system